魔法巫女エデン

Episode1:Not 魔法少女 But 魔法巫女!<1>

〜マホウショウジョジャナクテ、マホウミコナノ!〜

 自分の家庭(いえ)がよそと(くら)べてちょっと(ちが)ということに、人間(ひと)は意外と気づかない。
 
 むしろ、そのちょっと特殊(とくしゅ)な家庭事情を、ごくごくフツウの当たり前とカン(ちが)いしてしまったりする。エデンの場合もそうだった。
 
 いや、エデンの場合、分かりやすく特殊(とくしゅ)な母親のせいで、父親の特殊性に気づくのか少しばかり(おく)れてしまった、と言い(わけ)できなくもない。

さくらライン

「ねぇパパ、イギリスにはママのパパとママ――つまり、エデンのおじいちゃまとおばあちゃまがいるんだよね?」
 
 小3当時のエデンの()いに、父・慈恩(じおん)縁側(えんがわ)(ひざ)の上のタヌキ()でながら、(こま)ったような顔で微笑(ほほえ)んだ。
 
「そうだね、いるよ。今もお元気でいらっしゃると思うよ」
「……じゃあ、何で会えないの?エデン、おじいちゃまとおばあちゃまに会ったことも、メールやお手紙したこともない。それにイギリスにだって一度も行ったことない。そんなのヘンだって、みんなに言われた。エデンがウソをついてるんじゃないかって……」
 
 エデンの母親は英国人、父親は日本人。つまりエデンは日英ハーフだ。
 それを知ると大概(たいがい)のクラスメイトは(めずら)しがり、自分たちの知らない“イギリス”の話をききたがる。
 だがエデンもまたそんなクラスメイトたちと同じく、イギリスのことなどほとんど知らなかった。
 エデンの母親は自分の()い立ちや故郷(こきょう)のことについてはいつも言葉(ことば)(にご)、教えてはくれなかったからだ。
 
「ごめんなー、エデン。パパとママはカケオチ同然に結ばれたから、ママのパパとママはもちろん、パパのパパとママにも、うかつに会いに行くことはできないんだ」
 
 そう言いながら、慈恩は誤魔化(ごまか)すように足元に伏せた仔鹿(こじか)の頭を()でる。
 
「じゃあ、エデンはこれからもイギリスに行くことはできないの?」
「……そうだなー。いろいろな問題が解決したら、いつかは行けるかもなー。あ……でも、その時にはこのコたちをどうするかな……。置いてけぼりにすると(あば)れるだろうからな……」
 
 そう言って(あた)りをぐるりと見渡す慈恩の視線の先には、タヌキイノシシキツネきつねニホンザル仔鹿(おおかみ)(……のように見えるが、ニホンオオカミは絶滅(ぜつめつ)したはずなので、おそらくは狼に()た大きいなのだろうとエデンは当時思っていた)が、それぞれ思い思いの格好(かっこう)でくつろいでいた。
 
「そっかぁ……ミドリボタンコンちゃんパン君ビビちゃんも、飛行機には乗せていけないもんねぇ……。コタちゃんななちゃんだけならイヌネコでペットってことで連れて行けるかも知れないけど……」
「ははは。ふたりだけヒイキはできないなー。そうなると、パパは家にお留守番(るすばん)かな?」
「えー?それはダメだよ!それにななちゃんが行かないんだったら、エデンも行かない!だってエデンはななちゃんのゴハン係だもん!一日だって(はな)(ばな)れはダメなの!」
 
 その時「ゴハン」という単語に反応(はんのう)したのか、奥の和室から細身の黒猫首輪(くびわ)(すず)をちりちり鳴らして歩いてきた。
 猫はエデンの前まで来て「なぁー」と鳴いた後、すぐに慈恩の(うで)にまとわりつき、甘えだす。
 
「あぁー!ななちゃん!ななちゃんのゴハン係はパパじゃなくてエデンだって、いつも言ってるでしょ !? おねだりするならパパじゃなくてエデンじゃなきゃダメなんだからね!」
「ははは。これはゴハンの催促(さいそく)じゃなくて、純粋(じゅんすい)にパパに好意(こうい)(しめ)しているんだよ」
 
「もうっ!何でななちゃんも他のみんなも、パパが一番なの !? いっつもみんなをひとり()しててズルいよっ!」
「ははは。仕方(しかた)ないさ。だってパパはこのコたちの……」

桜ライン
 
<Go to Next→>
 
Episode1−1
  
<デコ無し版へ切替える>
  このページは津籠 睦月によるラブコメ・ファンタジー小説 「魔法の操獣巫女(マジカル・ビーストテイム・シャーマン)★エデン」の
シンプル・レイアウト(デコレーション・モードLV2)版です。
本文中のアンダーライン部分をクリック(orタップ)すると、別窓に用語解説が表示されます。
 
シンプル・レイアウト版は用語解説フレーム版より後に制作しているため、ストーリーが若干遅れています。
 
 
inserted by FC2 system