魔法巫女エデン

Episode1:Not 魔法少女 But 魔法巫女!<2>

〜マホウショウジョジャナクテ、マホウミコナノ!〜

 そこで、エデンは夢から()めた。
 エデンはぼんやりとベッドの上に起き上がり、夢に出てきた(なつ)かしい風景に思いを()せる。
 
(……あれは、4年前かな……。あの(ころ)はまだ、パパも(みんな)もいたんだよね……)
 
 平屋建(ひらやだ)てのこじんまりした日本家屋(にほんかおく)に、家族三人で、たくさんの動物たちに囲まれて()らしていた(おさな)(ころ)記憶(きおく)が、今もエデンにとって一番大切な思い出だ。
 
(あの頃はフシギに思ってなかったけど、パパってば(なん)であんなに動物に好かれてたんだろう?犬(?)のコタちゃんや猫のななちゃんはともかく、フツウは野生(やせい)の動物たちがあんな(ふう)にフツウの家でペットみたいに(なつ)いてるってこと、あんまり無いよね……。しかもあんなにいろいろな種類の動物たちが、ケンカもせずに一緒(いっしょ)にいたなんて……)
 
 時計を見ると、目覚(めざ)ましアラームの5分前だった。
 エデンはベッドから下り、制服に着替(きが)え始める。二日前に入学したばかりの私立中学の制服だ。チョコレート色のセーラーカラーと、特徴的な形で入った桜色のラインがエデンは気に入っている。
 
(なつ)かしいな……。あれからパパが事故いなくなっちゃって……皆も、いつの()にかいなくなっちゃってたんだよね……。タヌキのミドリに、イノシシのボタン、キツネのコンソメに、サルのパンチ、鹿のビビンバに、犬(?)のコタツ、そして……ななちゃん……)
 
 幼いエデンにとって野生(やせい)(けもの)(からだ)の大きな犬(?)は、()れてはみたいものの何だか少し近寄り(がた)く、唯一(ゆいいつ)安心して可愛(かわい)がれたのが“ゴハン係”として世話(せわ)をしていた黒猫だった。
 
 (きぬ)のようにつややかな毛並(けなみ)に金色の(ひとみ)、細くて長い優美なシッポを持つ美しい黒猫だ。エデンは今でもこの猫が世界で一番美しいと思っている。
 
(ななちゃん……。今もどこかで生きてるよね……?いつか、また会えるよね?会いたいよ……ななちゃん……)
 
 いつもの(ねが)いを(むね)の中で(ささや)きながら、エデンは窓辺(まどべ)に立ち、フリルドレープがたっぷりついたカーテンを(いきお)い良く開けた。
 
 その先に広がっていたのは、夢に出て来たこじんまりした庭ではなく、広々としたバルコニー、そしてその向こうに広がる美しいイングリッシュ・ローズガーデンだった。
 
 そう、今のエデンが()らしているのは、幼い頃に住み()れた平屋建ての小さな家ではない。明治時代の華族(かぞく)邸宅(ていたく)を思わせる、広大で華麗(かれい)で、古めかしい洋館(ようかん)だった。
 
「……夢と現実のギャップが(はげ)しい……」
 
 思わず口に出してつぶやき、エデンは部屋を出る。
 
 繊細(せんさい)な装飾の(ほどこ)された手すり付きの階段を下り、この屋敷の中でもとりわけ広いダイニング・ルームの(とびら)を開けると、そこにはさらに現実味の無い光景が()ち受けていた。
 
「アラ、エデン。おはようございますでス」
 
 胸元(むなもと)の開いた黒サテンのワンピースに、グロスでつやつやと輝く唇(ゆた)かに波打つ金髪(きんぱつ)をナチュラルに(かた)に流した、まるでハリウッドセレブ女優のような美女が優雅に微笑(ほほえ)み、朝のあいさつをしてくる。
 
「……おはよう、ママ」
 エデンの母・コーデリア。日本での名は鈴木小照夜、イギリスにいた頃の元の名はコーデリア・クロウリー。彼女こそがエデンの生活を現在(いま)の状態へと激変させた張本人である。
 
「ママ、その格好(カッコ)で会社に行くの……?」
「今日は午前中から新商品の撮影(さつえい)があるのでス。家から直接向かうのでス」
 
 コーデリアも数年前――慈恩がいた頃までは、このような派手な姿ではなかった。長い髪を一つに(たば)ね、服装はいつもシンプルな(あわ)いパステルカラーのコーディネートで、いかにも清楚(せいそ)な母親という雰囲気(ふんいき)を漂わせていた。
 
 それが、慈恩がいなくなり『これからはワタシがこの家の大黒柱(だいこくばしら)なのでス!』と言い出して化粧品(けしょうひん)の会社を立ち上げてからは『社長本人が美のカリスマにならなくては、説得力(せっとくりょく)がありませんのでス!』と、どんどん派手(はで)容姿(ようし)変貌(へんぼう)していった。
 
 会社は同業者たちから『一体どんな魔法を使ったんだ?』と(おどろ)かれるほどのスピードで業績(ぎょうせき)を上げていき、ついには中古物件(ちゅうこぶっけん)とは言え、こんな豪邸(ごうてい)購入(こうにゅう)できるまでになったのである。
 
 とは言えこの引越(ひっこ)しに、住み()れた家を(はな)れたくなかったエデンは猛反対した。だがコーデリアは『エデンにはそのうち、広い住宅が必要になる可能性がアルのでス!』と、よく分からないことを言い張って聞き入れてくれなかった。
 
 そして、この屋敷に()してきてから、さらにエデンを戸惑(とまど)わせている事態(じたい)がもう一つ。それは……

桜ライン
 
<Go to Next→>
 
Episode1−1
 
  
このページは津籠 睦月によるラブコメ・ファンタジー小説  
魔法の操獣巫女(マジカル・ビーストテイム・シャーマン)★エデン」の 
シンプル・レイアウト版です。
 
 
inserted by FC2 system