蛇足な解説ページ    
     
レグナースの元ネタ=ネパールの少女神クマリ
人間ではなく神の代理人として崇められる存在『レグナース』――この設定は、ネパールの生き神『クマリ』に着想を得ています(とは言え、参考にしているのは制度の一部だけで、ほぼ原型を留めないほどにアレンジしてしまっているのですが…)
 
クマリとは、カトマンズ(ヒマラヤ山脈の裾野に広がる盆地)で古くから信仰されてきた少女神のことです。
純粋無垢な少女の身体に宿る女神とされ、その器たる少女は、3〜5才の頃にブッダの直系子孫サキヤ』の中から選ばれます。
その選定はブッダが生き仏になった際の外見的特徴になぞらえた32の条件をもとに行われ、さらに占星術師が国家と相性の良い星回りを持つかどうかを見極め、最終的に、幼子にとっては過酷な試練(人のうめき声が響く真っ暗な部屋の中、血まみれの水牛の首を目の前にしても悲鳴を上げず、恐怖してはならないというもの)をクリアした者だけがその座に就くことができるのです。
そうして神として選ばれた少女は、神の座を降りるその日まで、祭の日以外は館を出ることも許されず、生き神として崇められ続けます。
ちなみに、神の座に在り続けるための条件は物語中のレグナースよりも厳しく、初潮だけでなくケガによる出血でもその座を降りなければならないそうです。
    
 
  ※このページは津籠(つごもり) 睦月(むつき)によるオリジナル・ファンタジー小説ファンタジー小説「ユメノフルシマ」第1話夢見の島の眠れる女神
  ストーリーや用語に関する豆知識やこぼれ話・制作秘話などを蛇足に解説したものです。
  解説の内容につきましては資料等を参考にしてはいますが、諸説あるものもございますし、
  管理人の理解・知識が不充分である可能性もありますのでご注意ください。
inserted by FC2 system