花曇(はなぐも)りの(みやこ)

島の中枢(ちゅうすう)
小女神宮を中心とした聖職者の都。
一般の島民は特別な日にしか入ることを許されない。
その上空には常に『花雲』と呼ばれる雲が浮かび、色とりどりの花びらを降らせる。
『葬花砂漠』と呼ばれる砂漠に四方を囲まれている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この解説文は、津籠睦月による
オリジナルファンタジー小説
夢見の島の眠れる女神
夢見の島の眠れる女神(小説ロゴ)
の物語中に出てくる
地名を解説するためのものです。

      
inserted by FC2 system