レスター・スクエア(Leicester Square)

<レスター・スクエア 2/2>

イギリス・ロンドン中心部ウェストミンスター区ウェストエンドにある正方形広場(スクエア)、およびその周辺地域。

最寄り駅は地下鉄レスター・スクエア駅。

広場の中央にある公園にはシェイクスピア、ニュートン、チャップリンなどの像がある。

広場の周囲には映画「ハリー・ポッターと賢者の石」のワールド・プレミアが行われた「オデオン座(オデオン・シネマズ)」をはじめ、映画館や劇場が並んでいる。

「レスター・スクエア」の名前の由来は17世紀の駐フランス英国大使・レスター伯爵(Robert Sidney Leicester)で、かつてこの場所に「レスター・ハウス(Leicester House)」という邸宅を建てていた。

その後レスター・ハウスはフレデリック・ルイス英国王太子など、時代により所有者を変えてきたが、1792年に取り壊された。






















このミニ辞典は、津籠睦月による
オリジナルファンタジー小説
夢見の島の眠れる女神(小説ロゴ)
の物語中に出てくる用語の意味や語源などを解説するためのものです。複数の意味や説を持つ用語の場合、分かりやすくするため、物語の中で使われている意味や説のみに絞って取り上げている場合があります。ご注意ください。
※小画面(フレーム)表示用のページのため、PCなどの大きな画面で見るとレイアウトが崩れます。

inserted by FC2 system