ファンタジー用語一覧  
   ファンタジー以外の用語(服飾小物や実在の動植物etc…)も見たい方はこちらをクリックしてください  
【アリアドネの糸】    ギリシャ神話で英雄テセウスが半人半牛の怪物ミノタウロスの迷宮から脱出する際に使った糸。
ミノス王の娘アリアドネが、生贄に混じって島を訪れたテセウスに好意を寄せ、彼が迷宮に入る際に渡した糸玉。
この故事により「アリアドネの糸」は後に「複雑な問題を解くための手がかり」を指す言葉として使われるようになる。
ちなみにアリアドネは迷宮を脱出してきたテセウスと結ばれて子を宿すが、テセウスはアリアドネが眠っている間に彼女を捨てて逃げてしまう。
その後、アリアドネは難産で命を落としたとも、悲しみに身を投げたところを酒と演劇の神ディオニソスに救われ、その妻になったとも言われている。  
【イグニス・ファトゥス】 【ignis fatuus】 

光りながら宙を漂う妖精の総称と言われている。
イグニス・ファトゥスとは、ラテン語で「愚かな火」「だまし火」を意味する。

【インドラ】  【Indra】  インドの雷霆神(らいていしん)
リグ・ヴェーダなどに登場する。
神酒ソーマを飲み、ヴァジュラ(金剛杵)という電撃系の武器をふるって悪魔を退治する英雄神。
リグ・ヴェーダの全讃歌の約四分の一はインドラ天で占められている。 
【ウィル・オー・ザ・ウィスプ】 【Will o' the wisp】 光を放ち宙を漂う球状のもの。
「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」(あるいは「ウィル・ウィズ・ザ・ウィスプ」)は「一握りの干し草(ウィスプ)を手にしたウィリアム(ウィル)」を意味する。
このウィスプとは、かまどなどに火をつけるための種火のこと。
「妖精」というよりは「幽霊」に近く、日本で言うところの「人魂」「鬼火」「火の玉」の類だと言われている。
一部ファンタジー作品においては「光の下位精霊」として扱われている場合がある。
【ウンディーネ】    四大精霊の水の精としてパラケルススが命名したもの。
原型はギリシャのネーイアデス。
人魚か美しい女性の姿、あるいは水そのものが女性の形をとった存在として描かれることが多い。
【エウロペ】  【Europe】  ギリシャ神話に登場する、「ヨーロッパ」の名前の由来となった美女。
フェニキア王の娘。
白い牛に化けてやって来た主神ゼウスと結ばれてクレタ島に渡り、後にクレタ島の王となるミノスなど三子を産んだ。
ヨーロッパ(エウロパ)とは元々、彼女が牛に乗って歩いた一小地域の名前だったが、それが次第に拡大され、現在のヨーロッパを指すようになった。 
【エゲウス】    ギリシャ神話に登場するアテナイの王で「エーゲ海」の名の由来となっている人物。
英雄テセウスの父親。
息子であるテセウスが半人半牛の怪物ミノタウロスを退治するためクレタ島へ向かう際、「首尾良くミノタウロスを討ち取って帰った際には船に白旗を掲げる」と約束したが、実際にミノタウロスを倒して帰ったテセウスが船に旗を掲げるのを忘れてしまったため、海岸からこれを見ていたエゲウスは悲しみのあまり海に身を投げてしまった。それ以降この海の名を、エゲウス王の名をとって「エーゲ海」と呼ぶようになったと言われている。 
【エッダ】  【Edda】  北欧神話や北欧の英雄伝説を今に伝える資料。
古代アイスランド語で書かれ、韻文の古エッダとスノッリ・ストルルソンによる新エッダがある。 
【ガリヴァー旅行記】  【がりばーりょこうき/
GULLIVER'S TRAVELS】 
イングランドの船医レミュエル・ガリヴァー(ルミュエル・ガリバー)が、船の沈没や海賊の襲来などの様々な災難に遭うたびに、不思議な国へとたどり着く物語。
全4篇。
子ども向けの物語として有名な小人の国へ行く話は第1篇『リリパット国(小人国)渡航記』。
第2篇は第1篇とは逆に巨人の国へと行く『ブロブディンナグ国(大人国)渡航記』、第3篇は『ラピュータ(空飛ぶ島)渡航記』、第4篇は『フウイヌム国(馬の国)渡航記』となっている。 
【グリム童話集】  【ぐりむどうわしゅう/Kinder-und Hausmarchen.Gesammelt durch die Bruder Grimm】  ヤーコプ・グリムとヴィルヘルム・グリムの兄弟が語り伝えられてきた昔話や文献から編んだ童話集。
原題は『グリム兄弟によって収集された子どもと家庭の昔話』。
1812年のクリスマスに初版第一巻が刊行され、以降半世紀にわたり版を改めるたびに、加筆訂正および新たに話を加える・逆に話を削除するなどがされてきた。
生前最後に出されたのは1857年の第七版で、200話の昔話と10話の「子どもの聖者伝」が収められた。
話が新たに加えられたり、逆に削除された理由は、兄弟が昔話を収集し続けていたために新たな話が採用されていったからと、性にまつわる話・残酷だと非難された話が削除されていったため。
また、初版に対し「語り口に飾り気がない」などの批判があったため、情景描写・心理描写が詳細になり、さらに会話表現が多くなるなどの加筆訂正がなされた。
さらに第二版では末弟で画家のルートヴィヒによる扉絵が付けられ、以降さまざまな画家により挿絵が付けられるようになった。 
【月下老人】  【げっかろうじん/
yue xia lao ren】 
中国の縁結びの神。
現代においては、仲人(なこうど)、媒酌人という意味でも使われる。
【木花之佐久夜毘売/木花之開耶姫】  【コノハナサクヤヒメ/コノハナノサクヤヒメ/コノハナノサクヤビメ】   木の花の咲く様子を表した女神とも、木の花が咲くような美しさ・儚さ(短命)を象徴する女神とも言われている。山の神・大山祇神(オオヤマツミノカミ)の娘。
古事記・日本書紀などの日本神話に登場する。
天皇家の祖先であり、天孫(=天照大神の孫)・ニニギノミコトの妃。
古事記ではコノハナサクヤヒメが嫁ぐ際、岩のような永遠不変の命を司る女神である姉のイワナガヒメとともに嫁いだが、ニニギノミコトが美しいコノハナサクヤヒメだけを残し、醜いイワナガヒメを送り返してしまったため、元は神と同じ命を持っていた天皇(すめらみこと)に「山に咲く木の花が散るような命」すなわち寿命が生まれたと語られている。
(日本書紀では人間全体の寿命の起源として語られている。) 
 【木花知流比賣】  【コノハナチルヒメ】   木の花の散る様子を表した女神と言われている。
山の神・大山祇神(オオヤマツミノカミ)の娘で、コノハナサクヤヒメとは対になる姉妹神とも同一神とも言われている。 
【ジョナサン・スウィフト】  【Jonathan Swift】  ガリヴァー旅行記を書いた作家。
1667年、アイルランド・ダブリンでイングランドからの移住者である両親の間に生まれた。
その後イングランドへ渡り、聖職者となる。
59歳の時にガリヴァー旅行記を発表した。 
【スノッリ・ストルルソン】  【Snorri Sturluson】  (スノリ・ストルルソン。スノッリ=スツルルソン。)
アイスランドの詩人。
北欧の神話、民話、古詩などを編纂して詩人志望者のための教本を作った。
生没年=1178〜1241。 
【スノッリのエッダ】    北欧神話を今に伝える資料のひとつ。
アイスランドの詩人スノッリ・ストルルソンが神話、民話、古詩などを編纂して作った詩人志望者のための教本。
エッダ
【ダイダロス】  【Daidalos】  ギリシャ神話に登場するアテナイの伝説的な名工。
アテナイを追われクレタ島に渡った後、クレタ王ミノスに半人半牛の怪物ミノタウロスから島民を守る策を求められ、これを閉じ込めるための迷宮を造った。
イカロスの父。
捕らわれの身となった際、自分自身と息子イカロスのために人工の翼を作って脱出した。 
【太平広記】  【たいへいこうき/
tai ping guang ji】 
北宋の李ム(りぼう)などが編纂した書。漢から五代までの小説や奇聞を集め、分類したもの。
978年に成立。全500巻。 
【月人壮士】  【つきひとおとこ】  月の男。
万葉集の歌の中に、月の舟を漕ぐ者、あるいは天の川を舟で渡る者として描かれている。
月人壮士=七夕の牽牛とする説もあり、月が空を渡り終えると牽牛と織女の逢瀬が始まるとされた。 
【テセウス】  【Theseus】  ギリシャ神話の英雄。
アテナイの王エゲウスの子として生まれたが、人身牛頭の怪物ミノタウロスを倒すため、生贄の少年少女に混じりクレタ島へ向かう。
そこでクレタ島のミノス王の娘・アリアドネに好意を寄せられ、ミノタウロスの迷宮に入る際に一つの糸玉を渡される。
テセウスはこの糸玉を使って迷宮の道筋を把握し、ミノタウロスを倒した後は糸をたどって迷宮から脱出した。
この時使われた糸は「アリアドネの糸」と呼ばれ、後に「難問を解く手がかり」を指す言葉として使われるようになる。
テセウスはこの他、伝説的強盗プロクラステスを退治するなど数々の冒険を成し遂げ、後にアテナイの王となってアッティカ地方を統一した。 
【鳥山石燕】  【とりやませきえん】  江戸時代の狩野派の絵師。
百鬼夜行シリーズなど多くの妖怪画を描いた。 
【長靴をはいた猫】 【ながぐつをはいたねこ/
Der gestiefelte Kater】
グリム童話集」に収められた童話の一つ『長靴をはいた牡猫(おすねこ)』に登場する猫のこと。
人間の言葉をしゃべり、二本足で歩ける猫で、とても頭が良い。はいている長靴は主人に頼んで特別に仕立ててもらったもの。
三人兄弟の末っ子のところに親の遺産として引き取られ(目ぼしい財産は兄二人に取られ、三男には猫しか残らなかった)、知恵を駆使して王様に近づき、王女と主人との縁を取り持った。 
【パラケルスス】  【Aureolus Theophrastus Paracelsus】  中世スイスの医師にして自然科学者・哲学者、そして伝説の“錬金術師”。
またの名をヴァン・ホーエンハイム。
本名:フィリップス・アウレオールス・テオフラストゥス・ボンバストゥス・フォン・ホーエンハイム。
「ホーエンハイム」はドイツ語で「高い家」を意味し、それをラテン語化したものが「パラケルスス」。
17歳の時にウィーン大学で医学を学び、フェッラーラ大学で博士号を取得。
医学の権威・ガレノスや中世アラビア医学を批判し、水銀・硫黄・塩を三要素とする独自の自然観を展開する。
また、金属化合物を医薬品として用いていた。
「医科学の祖」と言われる一方、それまでの因習・伝統を破壊して回ったことから「医学界のマルティン・ルター」の異名も持つ。
晩年には世界各地を旅し、錬金術師の秘法と賢者の石を手に入れたとも言われている。
彼の著した書物『物性について』ではフラスコの中で造られる人工生命体「ホムンクルス」について書かれているが、それは中世の錬金術文献によく見られる「賢者の石」創造についての暗号文だとも言われている。
生没年:1493〜1541年  
【ファンタスマゴリア】  【Phantasmagoria】  走馬灯。
あるいは走馬灯のように次々に現れて消える幻影・幻想。
次々に移り変わる光景。 
【フェンリル】    北欧神話に出てくる存在。
『スノッリのエッダ』では神々に敵対する狼として登場し、『詩のエッダ』では一族の名前として登場する。
【プロクラステス】    「引きのばすもの」という意味の名を持つ古代ギリシャ・アッティカ地方の伝説的な強盗。
旅人を己の棲家(すみか)におびき寄せては特殊なベッドに横たえ、旅人の背丈が足りなければこれを引き伸ばし、逆に背丈が余っている時にはベッドからはみ出した部分を断ち切るという残忍な殺し方をしていたが、後に英雄テセウスにより倒される。
この故事により「プロクラステスのベッド」は後に「型にはめる」という意味の言葉として使われるようになる。 
【ホムンクルス】  【Homunculus】  試験管やフラスコの中に人工的に作り出される生命体。
ホムンクルスとはラテン語で「小さい人」を意味する。
パラケルススによると「男子の精液を蒸留器(フラスコ)の中に密封し40日間放置すると、それが腐敗し生動し始め、やがて人間の形に似たものが現れる」とされている。
さらにその生命体に温度調節をしっかり行いながら40週にわたり人間の血液を与え続けると、四肢を備えた小さな子どもの姿になるという。
ゲーテの『ファウスト』の中にもファウストの弟子ワグナーがホムンクルスを創造する場面が登場するが、これはパラケルススの文書を元にしたものと言われている。  
【ミノス】  【Minos】  ギリシャ神話に登場するクレタ島の王。主神ゼウスとエウロペとの間に生まれた子で、クレタ島に法を制定し、善政を布いたと言われている。
また、島民を襲う怪物ミノタウロスを迷宮に閉じ込めるなどした。
死後は冥界の裁判官となる。 
【ミノタウロス】  【Minotauros】  ギリシャ神話に登場する牛の頭に人間の身体を持つ怪物。
クレタ島のミノス王の王妃が牡牛(おうし)と通じて産んだ子。
島民を捕らえて食すなどしていたため、ミノス王の計略によりアテナイの名匠ダイダロスによって造られた地下迷宮に閉じ込められる。
その後クレタ島では年々アテナイから貢物としておくられる七人の少年少女を生贄(いけにえ)として捧げてきたが、ある時アテナイの王子であるテセウスが生贄に混じって島を訪れ、ミノタウロスを退治する。 
【ラピュータ】  【Laputa】  ガリヴァー旅行記に登場する空飛ぶ島。
空を飛ぶ原理は巨大な天然磁石。
ラピュータはこの磁石に反応する鉱物が存在している領土内かつ、上空4マイル未満の高度においてのみ自由自在に動ける。
底部は凹凸(おうとつ)の無いなめらかな硬石(アダマント)の一枚岩でできており、その硬石の層にラピュータの中枢である『天文学者の洞穴(フランドーナ・ガニョーレ)』がある。
【ラプンツェル】  【Rapunzel】  グリム童話集」に収められた童話のひとつ。
初版の内容は以下の通り。
ある妖精が庭で育てていたラプンツェル(野菜)を、隣の家の子どもを身籠った奥さんが欲しがり、亭主がこっそり盗んでは奥さんに食べさせていたが、やがて妖精に見つかり、妖精は代わりに奥さんの産んだ女の子を「ラプンツェル」と名付けて連れ去ってしまう。
妖精はラプンツェルが12歳になると、窓が一つあるだけの高い塔に閉じ込め、塔に出入りする際にはラプンツェルに呼びかけ、その長い髪を垂らしてもらい、それをつたって出入りしていた。
ある日、妖精が塔に入る様子を見ていた王子がその真似をしてラプンツェルに髪を垂らしてもらい、塔に登ってラプンツェルと出会う。
二人は毎日のように逢瀬を重ねていたが、妊娠したことにより妖精にばれてしまい、ラプンツェルは長い髪を切られて荒地に追放され、そこで男の子と女の子の双子を出産する。
そして妖精は切り取ったラプンツェルの髪を使って王子を騙して塔の上に登らせ、そこでラプンツェルが既にいないことを告げる。
王子は絶望のあまり塔から身を投げ、一命はとりとめるものの両目を失明してしまう。
王子は森の中を何年もさまよい歩き、やがてラプンツェルと子どもたちのいる荒地にたどり着く。
ラプンツェルが王子の首にすがりついて涙を流すと、その涙がふたしずく王子の目に入り、王子の目は光を取り戻す。  
【ルフ鳥】  【ルフちょう】  別名ロック鳥。
千夜一夜物語に登場する怪鳥。 
   
※この用語解説一覧は津籠睦月によるファンタジー小説および、その解説ページ
登場するファンタジーな用語を解説するためのものです。複数の意味を持つ用語の場合、分かりやすくするため、
物語中で使われているものだけに絞って解説している場合があります。ご注意ください。
また、用語のスペルについて管理人のPC事情によりその国独自の文字(ドイツ語や中国語の発音記号付き文字など)が表記できず、
普通のアルファベットで代用している部分があります。ご了承ください。
 
 
inserted by FC2 system