和風ファンタジーの豆知識

雪の異名・別称・美称

雪には、ただ単に「雪」というだけでなく、それを花などにたとえた様々な異称・美称があります。

今回はそんな美しい異名・別称をいくつかご紹介していきます。

雪そのものの呼び名
雪自体の呼び名。「花」にたとえられることが多い。
  • 雨雪【うせつ】(降る雪、雪の降ること、あるいは雨と雪のこと。)
  • 寒花【かんか】
  • 銀花【ぎんか】
  • 瑞花【ずいか】(豊作の兆となるめでたい花の意。)
  • 青女【せいじょ】(霜の異称でもある。)
  • 雪華【せつか】
  • 天花【てんか】(天から降る花の意。)
  • 花弁雪【はなびらゆき】(大粒の雪を花びらにたとえた言葉。)
  • 不香の花【ふきょうのはな】(香りの無い花の意。)
  • 冬の花
  • 牡丹雪【ぼたんゆき】(大粒の雪を牡丹の花にたとえた言葉。)
  • 六つの花【むつのはな】(六角形の雪の結晶から。)
  • 六花【りっか】
  • 雪の花/雪の華【ゆきのはな】
雪の性質による呼び名
大きさや水分量の違い・状態などによる呼び名。
  • 泡雪/沫雪【あわゆき】(泡のように溶けやすい雪の呼び名。)
  • 淡雪【あわゆき】(薄く積もった雪の呼び名。)
  • かた雪【かたゆき】(降り積もり、固まった雪。)
  • 氷雪【こおりゆき】(雪が固まり氷になった状態。)
  • 粉雪【こなゆき】(さらさらした細かい雪。)
  • 細雪【ささめゆき】(まばらな雪。)
  • 粗目雪【ざらめゆき】(雪の粒子が肉眼で見られるようになったもの。)
  • 新雪【しんせつ】
  • 赤雪【せきせつ】(赤い雪。積もった雪の上に赤い藻類が繁殖して赤く見える雪のこと。)
  • 粒雪【つぶゆき】(粉雪よりも少し大きめの雪。)
  • 根雪【ねゆき】
  • 斑雪【はだれゆき】
  • べた雪【べたゆき】
  • 牡丹雪【ぼたんゆき】(大粒のふわふわな雪。)
  • 万年雪【まんねんゆき】
  • 綿雪【わたゆき】(綿のような大きな雪。)
降る時季・場所・時間帯による呼び名
雪の降る季節や場所や時間帯の違いによる呼び名。
  • 里雪【さとゆき】(平地に降り積もる雪のこと。)
  • 名残雪【なごりゆき】(春先に降る雪、あるいは積もったまま残っている雪。)
  • 名残の雪【なごりのゆき】(名残雪に同じ。)
  • 夜雪【やせつ】(夜に降る雪。)
雪の降り方に関する呼び名
雪の降り方の違いによる呼び名。
  • 薄雪【うすゆき】(薄く降り積もった雪のこと。)
  • 大雪【おおゆき】
  • 風花【かざはな/かざばな】(別の場所に降った雪が風で運ばれてくる現象。)
  • 小雪【こゆき】
  • 篠の小吹雪【しののおぶき】(篠を吹く激しい風に雪が散ること。)
  • 吹越【ふっこし】(風花に同じ。)
<関連項目へ>

※このページは津籠 睦月によるオリジナル和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」の本文ページ内に隠された、本編と関係がありそうで無さそうな細かな和風ファンタジーの雑学・豆知識をご紹介する「おまけコーナー」です。

ページ内の文字色の違う部分をクリックしていただくと、別のページへジャンプします。
ここでご紹介している雑学・豆知識は参考文献などを参考にして書いてはいますが、管理人はその道の専門家ではありませんので知識が不充分な場合もございます。
その辺りをご理解の上、ご覧ください。

 
inserted by FC2 system