和風ファンタジーの豆知識

虫の異名・古称・別称

虫には一般的に知られた名の他に、いくつかの異名を持つものがあります。

今回はそんな虫たちの和風で素敵な異名・別称をいくつかご紹介していきます。

(虫の説明の下の ・ で箇条書きになっているものがその虫の異名・別名(あるいは古称・旧称)です。)

JIS内で表示できない文字は?で表示されています。

揚羽蝶【あげはちょう】
日本在来種の蝶。
  • 阿菊虫【おきくむし】(アゲハ蝶の幼虫。枝に一本の糸で吊られる様子が『播州皿屋敷』の「お菊」に似ていることから。)
  • 唐蝶【からちょう】(中国から来た蝶と思われて。)
  • 鳳車【ほうしゃ】
蟻地獄【ありじごく】
ウスバカゲロウ類の幼虫の呼び名。
  • 後じさり【あとじさり】(アリを捕まえ巣に引きずり込む様子が後ずさりしているようであることから。)
  • 後びさり【あとびさり】(「後じさり」と同じ意味。)
  • 擂鉢虫【すりばちむし】
蚕【かいこ】
カイコガの幼虫。成虫になる際に作る繭から絹糸がとれる。
  • おしら
  • 桑虫【くわむし】
  • 夏蚕【なつご】(夏に飼育する蚕の呼び名。二番ご。)
  • ぽぽ様【ぽぽさま】
蜉蝣/蜻蛉【かげろう】
カゲロウ目。広くはアミメカゲロウ目を含む昆虫の総称。
トンボに似た昆虫で、透明な翅を持つ。名前の由来は、飛ぶ様子が「陽炎」のように見えることから。
  • 朝顔【あさがお】
  • かぎろう
  • 青?【せいふ】(漢名。(「ふ」の字は虫へんに夫))
  • ?【ひおむし】(漢字は虫へんに秀。)
甲虫/兜虫【かぶとむし】
コガネムシ科の甲虫。
  • 鬼虫【おにむし】
  • 源氏虫【げんじむし】(関東での呼び名。クワガタムシを平家と呼んだことに対して。地域によってはクワガタをゲンジと呼ぶこともある。)
  • 皀莢虫【さいかちむし】
螽?【きりぎりす】
(漢字の2文字目は虫へんに斯。)バッタ目キリギリス科。
  • ぎす
  • 螽斯【しゅうし】(漢名。)
  • 機織女【はたおりめ】
蟋蟀【こおろぎ】
バッタ目。
  • 歌螽斯【うたきりぎりす】
  • 蛩【きょう】
  • 螽斯【きりぎりす】(平安時代にはコオロギのことを「きりぎりす」と呼んだ。)
  • 秋蛩【しゅうきょう】
  • ちちろ虫【ちちろむし】
  • 綴刺【つづれさせ】(鳴き声が「カタサセ、ツヅレサセ(肩刺せ綴れ刺せ)」と聞こえることから。)
  • 筆つ虫【ふでつむし】
  • 絡緯【らくい】(コオロギの漢名。)
鈴虫【すずむし】
コオロギ科。
  • 金鐘児【きんしょうじ】
  • 月鈴子【げつれいし】(鈴虫の声を「月から鈴の音が聞こえる」と形容したことから。)
  • 月鈴児【げつれいじ】
蝉【せみ】
セミ科。
  • 斉女【せいじょ】(斉の皇后が国王と対立した後に亡くなり、悔しさを訴えるためにセミになり大きな声で鳴いているという中国の伝説から。)
  • 夏蝉【なつぜみ】(夏に鳴くセミの呼び名。主にニイニイゼミを指すが、広くはアブラゼミなども含む。)
蝶【ちょう】
チョウ目の昆虫。ちょうちょ。
  • かわひらこ
  • 胡蝶【こちょう】(漢名。)
  • 夢見鳥【ゆめみどり】
  • 夢虫【ゆめむし】
蜻蛉【とんぼ】
トンボ目。
  • 秋津【あきつ】
  • 蜻蛉【かげろう】(古名。)
  • 蜻蛉【せいれい】(漢名。)
蛍【ほたる】
ホタル科の甲虫。特に、夜間に光を点滅させながら飛ぶものを指す。
  • 救火【きゅうか】
  • 挟火【きょうか】
  • 拠火【きょか】
  • くさのむし
  • 腐草【くちくさ】(草が腐って蛍になるという故事から。)
  • 景天【けいてん】
  • 宵燭【しょうしょく】
  • 丹鳥【たんちょう】
  • ほたろ
  • 夏虫【なつむし】(夏に出る虫の総称・あるいは夏の夜の灯火に集まる虫の呼び名でもある。)
  • 夜光【やこう】
蚯蚓【みみず】
環形生物。
  • 蚯蚓【きゅういん】(漢名。)
  • 赤竜【せきりゅう】
  • 地竜
  • めめず(西日本方言。)
<関連項目>

※このページは津籠 睦月によるオリジナル和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」の本文ページ内に隠された、本編と関係がありそうで無さそうな細かな和風ファンタジーの雑学・豆知識や大和言葉の意味などをご紹介する「おまけコーナー」です。

ページ内の文字色の違う部分をクリックしていただくと、別のページへジャンプします。
ここでご紹介している雑学・豆知識は参考文献などを参考にして書いてはいますが、管理人はその道の専門家ではありませんので知識が不充分な場合もございます。
その辺りをご理解の上、ご覧ください。

 
inserted by FC2 system