コトバのラクガキ

【コトバのラクガキArchives】

 
 
 TOPもくじ高校時代の日記より > このページ

冬の星は青くて、ここになら居場所を求められる気がした。

冬の星は青い、青い。

手が届きそうに近く、
目の前から頭上をぐるりまわって後ろまで。

なんて華麗な天井画。

冬の空はきれい綺麗。

近所の家々の灯りが無いと、
特に気がねなしに眺められて素敵。

冬の夜は、吐息がふるえるくらい白くて、静か。

少なくとも、この屋上でだけは、
この冬の、極上の冷気に
許されている気がする。

自分がここにいることを。

 

  

 
  
このページはポエム・ブログ「コトバのラクガキ」のバックアップ用アーカイブ・ページです。
 
 オリジナル小説サイト「言ノ葉ノ森」のサイト内に格納されています。

inserted by FC2 system