ファンタジーな豆知識

ファンタジー資料〜お城・宮殿〜

いつかは行きたいヨーロッパの世界でいちばん美しいお城/水野久美
 
タイトルの通り、ヨーロッパの美麗なお城を写真付きで解説している本です。
文庫本サイズですが、写真は全てカラーで美しいです。
城1つにつき、だいたい写真が1ページに解説文が1〜2ページとコンパクトですが、どの国にどんなお城があるのか、その城にどんなエピソードがあるのか、ざっと見ていくには重宝する一冊です。
ヴェルサイユ宮―華麗なる宮殿の歴史/ジャン・クロード・ル=ギュー
 
大型の本で、文字よりも絵が中心の「絵本」です。
絵は全て白黒ですが、そのおかげでかえって物の輪郭が分かりやすくなっています。
線がとても細かく、宮殿内の各部屋装飾の様子もかなり詳細・緻密に描かれています。
それぞれの絵に簡潔な説明が付いていて、ヴェルサイユにどんな施設・設備があったのか、ルイ14世がそこでどんな生活を送っていたのかが分かります。
また、宮殿内の各部屋の絵だけでなく、宮殿の断面図のようなものもたびたび登場し、宮殿の移り変わりや「大広間の横にはこんな小部屋が」とか「こんなに長い螺旋階段があったんだ」といったことが分かります。
ルーヴル宮―パリを彩った800年の歴史/ジャン・クロード・ル=ギユー
 
上のヴェルサイユ宮と同じくル=ギューさんの描いた「絵本」です。ヴェルサイユ宮と同じく絵は全て白黒です。
ルーヴル宮が中世のおとぎ話に出てくるようなお城の姿から、いかにして現在の姿へと変わっていったのかが緻密な絵で描かれています。
お城の外観や庭園、城の内部を真上から見た見取り図中世の人々の服装など、ビジュアル的に参考になるところもたくさんあります。

図説 英国貴族の城館―カントリー・ハウスのすべて/田中 亮三(著), 増田 彰久(写真)
 
「カントリー・ハウス」とは主にイギリス貴族が自らの所領に建てた広大で壮麗な邸宅のことです。
この本にはそんなカントリー・ハウスがどんな部屋や設備で構成されていたのかや、イングリッシュ・ガーデンの特徴、英国の貴族文化などについて数多くの美麗な写真とともに解説されています。
平面的な見取り図などは少ないですが、写真はカラーページも多く、見ているだけで眼福を味わえます。
また、実在の城の解説の中にはダイアナ元妃やエリザベス女王などのエピソードも出て来ます。
 
人気があるためか、発行年を見るに数年おきに刊行されているようですが、内容が同じものかどうかは分かりません。
 
(アフィリエイト画像は2008年版(上)と2017年版(下)ですが、管理人が所有しているものは1999年1月初版発行のものです。)
 

<楽天ブックス版はこちらをクリック>

<その他のファンタジー資料>

<注意事項>


※このページは津籠 睦月によるオリジナル・ファンタジー小説「夢の降る島」の第1話「夢見の島の眠れる女神」夢見の島の眠れる女神(小説ロゴ)の「おまけコーナー」です。

 
inserted by FC2 system