GUIDE(HELP)
 
 
 
魔法巫女エデン
 
 
 
 
 
デコレーションモードゼロいちに

 
 
Episode2:My 愛犬 is like a 王子様

〜ワタシノワンコ、マルデオウジサマ〜

 よくよく思い出してみれば、父・慈恩(じおん)にはいろいろと不思議(ふしぎ)なところがあった。
 野生動物(やせいどうぶつ)(?)を手懐(てなづ)けていたのはもちろん、天気予報(てんきよほう)も見ずに翌日(よくじつ)の天気を100%の精度(せいど)で当ててみせたり、エデンが()くしてしまった物をどこからか見つけてきてくれたり……。
 でも、さすがにあんな能力を持っているなどとは考えたこともなかった。
 平安時代(へいあんじだい)貴族(きぞく)を思わせる衣裳(いしょう)を身にまとい、異形(いぎょう)(けもの)を前に呪文(じゅもん)()り出す、そんな姿(すがた)は……。
……!』

クローバー

「何でおもちつながりなの……っ!?」
 思わず出てしまった(みずか)らの寝言(ねごと)で、エデンは目を()ました。そこは見慣(みな)れた自分のベッドの中で……
(なんだ、夢…………じゃ、ないんだよね。少なくとも、パパがあのビミョウな呪文(じゅもん)で戦ってたって言うのは……。うん。そこはもう、あきらめたため息
 自分で自分に言い聞かせるように心の中でつぶやいて、エデンはベッドを()り、着替(きが)えを始める。
(なん)か……気が(おも)いなぁ……ため息。ウチにあの“レトさん”がいると思うと……。契約の獣(エンゲージド・ビースト)とか言われても、実際(じっさい)どういう(ふう)につき合っていけばいいのか分からないし……。って言うか、今日って何で土曜日(どようび)なんだろう……。せめて学校があればなぁ……)
 ため息ため息をつきながら廊下(ろうか)(つづ)くドアを()けると、そこには……
「おはようございます。我が姫君
 エデンの(なや)みの元凶(げんきょう)である“レト”が中世の騎士か何かのように(うやうや)しくひざまずいてエデンを()(かま)えていた。エデンはそのまま部屋の中に引き返したい衝動(しょうどう)()られながらも、何とかぎこちない()みを()かべて挨拶(あいさつ)する。
「お、おはよう……ございます、レトさん……冷や汗。あの……まさかとは思いますけど、ずっとここでそうしてたわけじゃ、ないですよね……?」
「いいえ。そうしたいのは山々でしたが、先輩方(せんぱいがた)に『それはキモがられるからやめた(ほう)がいい』とご教示(アドバイス)いただきまして……。ですので、ここにいたのはほんの一時間ほど前からです。その……一分でも一秒(いちびょう)でも早く姫君にお目にかかりたかったものですから……赤面
 ほんのり()れたような(かお)でそう言われても、エデンには戸惑(とまど)いしかなかった。
「“先輩方(せんぱいがた)”って、アンバーさん(たち)のことですか?」
 ダイニング・ルームへ向け歩き出しながら、エデンはとりあえず疑問(ぎもん)に思ったことを()いてみる。
「はい。先輩方には契約の獣(エンゲージド・ビースト)としての心構(こころがま)えなど、様々(さまざま)なことを(おし)えていただきました」
 エデンの質問(しつもん)(こた)えながら、レトは階段(かいだん)の所でさりげなく手を()()エデンをエスコートしようとする。エデンは一瞬(いっしゅん)ためらいながらも、拒絶(きょぜつ)するのも(わる)い気がして結局(けっきょく)その手に手を(かさ)ねた。
(うぅ……っ、()ずかしいよ……っ赤面汗王子様みたいな男の人って、実際(じっさい)身近(みぢか)にいると、どういうリアクションしたらいいのか()からないよ……っ汗
「あの……姫君。(おれ)に対して敬語(けいご)を使うのはやめてください。『さん』付けも()りません。俺は貴女(あなた)の“愛犬(イヌ)なのですから」
「そういうわけにはいかな……いきませんよ……っ。愛犬(ワンコ)っていうのも、あの時あなたがワンコみたいな姿(すがた)だったから、つい言っちゃっただけだし……っ汗。それに、それを言うならあなたも“姫君”って()んだりとか、こういうお姫様扱いみたいなのとか、敬語とか、やめてもらえませんか?」
 それはエデンにとって精一杯(せいいっぱい)抵抗(ていこう)だった。だが、レトはきょとんとした顔でエデンを見つめた後、どこか(ふく)みのあるような優雅(ゆうが)微笑(ほほえ)みを()かべ口を(ひら)く。
貴女(あなた)は俺が忠誠(ちゅうせい)(ちか)う“(マスター)”。そんな貴女(あなた)()が姫として(せっ)することの、何がいけないのですか?それに、これは俺が無理(むり)をして、イヤイヤしているようなことではなく、()きでやっていることです。それでも敬語をやめろとおっしゃるなら、俺はイヤイヤ、無理をして貴女に“タメ(ぐち)”をきくことになるのですが……お(やさ)しい我が姫はそのようなご無理を()いたりはなさいませんよね?」
「う……っ、そ、それは汗……えっと……汗……はい」
 笑顔(えがお)()し切られ、エデンは何かに敗北(はいぼく)したような気分でうなずいた。
(うぅ……っ、何だかこのヒトのペースに()()まれちゃってる気がするよ……。()けちゃいそう……冷や汗
ぐったりした気分でダイニング・ルームの(とびら)()けると、そこには、いつもならいるはずの母の姿(すがた)がなかった。
「……あれ?ママは……?」
今朝(けさ)早くに出勤(しゅっきん)なさいましたよ。やり残した仕事をどうしても今日中(きょうじゅう)片付(かたづ)けなければいけない、とのことで。昨日(きのう)はエデンお嬢様(じょうさま)覚醒(かくせい)の知らせを受けて会社を早退(そうたい)なさっていましたので」
 屋敷(やしき)のハウスキーパーであるマイカがエデンの朝食を用意しつつ、柔和(にゅうわ)笑顔(えがお)説明(せつめい)する。
「……そうなんですか」
 レトの引いたイスに恐縮(きょうしゅく)しながら(すわ)り、エデンは朝食を(はじ)める。だが食事(しょくじ)をとりながらも、つい気になって目の前のマイカをチラチラと見てしまう。
(この人も“契約の獣(エンゲージド・ビースト)”なんだよね。しかも白鳥(はくちょう)変身(へんしん)できる……)
 エデンの視線(しせん)に気づいたのか、マイカはエデンの食べ()わった(さら)を片付けながらくすりと(わら)った。
「私のことが(めずら)しいのですか?エデンお嬢様(じょうさま)
「え……っ、いえ、その…………はい。正直(しょうじき)言うと、(なん)だか気になります。だって、昨日(きのう)まではただのイケメ……あっ、いえ汗フツウの人間(にんげん)”だと思ってたのに、その正体(しょうたい)があんなにフワッフワな鳥さんだったなんて……っ」
 昨日のマイカたちの姿(すがた)を思い出し、アニマル好きのエデンの(かお)自然(しぜん)とゆるむ。
「……正体が鳥だったというわけではなく、あれはこの世界(せかい)での実体(じったい)を持つにあたり、見た目を鳥に()せて擬態(ぎたい)しているだけなのですが……。それにしても、聞きしに(まさ)るアニマル好きなのですね。それならばレトともきっとすぐに仲良(なかよ)くなれますね」
「え……?それってどういう……」
 ()きかけて、エデンはハッと(ひらめ)いた。
「もしかして、レト……さんも、あんな(ふう)に“アニマル()”できるんですか!?結界(けっかい)の中で見た、あの透明(とうめい)(けもの)の姿じゃなくて……!」
「あ……ええ……はい。アレはまだ姫君(ひめぎみ)契約(エンゲージ)(むす)ぶ前の、実体を持たない状態(じょうたい)の姿でしたから……。今は姫君のおっしゃるように“アニマル化”することもできます」
 ()()り出すエデンとは正反対(せいはんたい)に、レトはあまり乗り気ではなさそうだ。
「……見たいなぁレトのアニマル姿(すがた)
 (あるじ)から上目遣(うわめづか)いに(うった)えられ、レトは(こま)ったように硬直(こうちょく)した後、しぶしぶというように目を()じた。
 次の瞬間(しゅんかん)、それまでエデンの目の前にあった“レト”の姿が、手品(マジック)消失(しょうしつ)トリックのようにかき()える。ワクワクしながらエデンが視線を()とすと、そこには……
「うわっ、うわっ、うっわぁああぁあ〜……赤面だぁ……。(なん)で?何でこの姿なの……?」
 これまでテレビや写真(しゃしん)近所(きんじょ)の人が散歩(さんぽ)させているところなどは見たことがあっても、これほど間近(まぢか)実物(じつぶつ)を見たことはなかった優雅(ゆうが)大型犬(おおがたけん)の姿に、エデンは興奮(こうふん)(かく)せない。
「……“契約の獣(エンゲージド・ビースト)”の外見(がいけん)は、契約時(けいやくじ)(マスター)(むね)(いだ)いたイメージの影響(えいきょう)()けるのですよ。貴女(あなた)はこういう姿の“愛犬(あいけん)”を(のぞ)んでいらっしゃったのでしょう?」
「うん!うん!そうなんだぁ……。(ゆめ)だったんだよね、ゴールデンを()うの。ねぇ、あの……モフモフってしても、いい?ギュ〜って()きついてもいい?」
 それまでとは(あき)らかに態度(たいど)(ちが)エデンに、レトはひどく複雑(ふくざつ)そうな表情(ひょうじょう)()かべる。その様子(ようす)を見かねたのか、マイカが苦笑混(くしょうま)じりに(たす)(ぶね)を出してくる。
「エデンお嬢様(じょうさま)、ソレは本物のゴールデン・レトリーバーではなく、あくまでゴールデン・レトリーバーに擬態(ぎたい)したレトですから。本物の犬に(たい)するようなスキンシップの仕方(しかた)は、ちょっといろいろと問題(もんだい)があるかと……」
 ずっと(あこが)れていた犬を前に(われ)(わす)れていたエデンは、その言葉(ことば)にハッとしたように一瞬(いっしゅん)で顔を()()()める。
「あ、そ、そうだよね……っ赤面汗今は可愛(かわい)いゴールデンでも、さっきまでは人間(にんげん)の姿だったんだもんね……っ。気安(きやす)くモフモフしたり、()きついたりしちゃダメだよね……っ汗
 ()じらい、しょんぼりと下を()くエデンに、レトは一瞬(いっしゅん)で人の姿に(もど)り、そっとその指先を(にぎ)った。
「いえ……その……()れていただくこと自体(じたい)はうれしいのですが……赤面(おれ)貴女(あなた)愛玩(あいがん)されるペットではなく、貴女(あなた)を守り、(とも)(たたか)える存在(そんざい)でありたいのですよ。貴女(あなた)の身は、これからも“災厄の獣(カラミタス・ビースト)”に(ねら)われ続けることでしょう。俺はそんな貴女(あなた)の“力”になるべく、貴女と(ちぎ)りを()わしたのです」
 「私の“力”になるって……もしかして、昨日(きのう)猫神(ねこがみ)先輩(せんぱい)みたいに……?」
 エデンの脳裏(のうり)に昨日の戦闘(せんとう)シーンが()かぶ。エデンの口から猫神の名が出た途端(とたん)、レトは不機嫌(ふきげん)そうに顔をしかめた。
「あんなノラネコと俺を一緒(いっしょ)にしないでいただきたいのですが……。まぁ、原理は()たようなものですね。俺の持つ能力を貴女(あなた)にお使いいただくわけです。俺の能力は“念動(ねんどう)”。目に(うつ)範囲(はんい)存在(そんざい)する、ある程度(ていど)までの大きさ・重さの物体(ぶったい)を、意思(いし)の力だけで自在(じざい)に動かせます」
「ああ!そう言えば、昨日の攻撃(こうげき)ってそうだったもんね!」
 エデンが明るく言うと、レトは気まずげに口元を引きつらせる。
「あの……その(せつ)は、本当に(もう)(わけ)ありませんでした冷や汗
「いいよ。気にしてないよ。それより、ある程度って、どの程度?昨日の攻撃で投げてきたのと同じくらい?」
「それは、貴女(あなた)と俺次第(しだい)ですね。契約の獣(エンゲージド・ビースト)の能力は、災厄の獣(カラミタス・ビースト)だった時とは(ちが)い、貴女ご自身の御力(おちから)と、貴女と俺の“(きずな)の力”の強さにより左右(さゆう)されますから」
「え……っ?それじゃ、実際(じっさい)やってみるまで分からないってこと?ぶっつけ本番なの!?」
 かなり意図的(いとてき)強調(きょうちょう)した(きずな)の力”という部分を見事(みごと)(スルー)され、レトはひそかにショックを受ける。そんなレトに()わり、マイカがしばらくの沈黙(ちんもく)の後、ある提案(ていあん)を出してきた。
「それなら、これから特訓(とっくん)をなさってみてはいかがですか?」
!?
 エデンとレトの声がキレイに重な(ハモ)る。
「はい。(さいわ)当家(とうけ)には特訓の相手に(てき)した契約の獣(エンゲージド・ビースト)幾人(いくにん)もおりますし。……と言うわけですので、アンバー。エデンお嬢様(じょうさま)とレトのお相手を(たの)めますか?」
「……って、お前がやるのではないのか!」
 厨房(ちゅうぼう)へ続くドアが(いきお)いよく(ひら)き、(たか)という別の姿(すがた)を持つコーデリアの契約の獣(エンゲージド・ビースト)・アンバーが飛び出して来る。
「……アンバーさん……?」
「アンバー先輩(せんぱい)……ひょっとして、(ぬす)()……冷や汗
 エデンとレトの唖然(あぜん)とした表情に、アンバーは決まり悪そうに咳払(せきばら)いをする。
(ちが)います。たまたま隣室(りんしつ)作業(さぎょう)をしていたところ、会話が聞こえてきたものですから……。その……この屋敷(やしき)のハウスキーパー・チームのチーフとして、少々気にかけさせていただいただけです」
「アンバーはこう見えてもウチで一番面倒見(めんどうみ)が良いですから。エデンお嬢様(じょうさま)のこともレトのことも、かなり気にかけてハラハラしているんですよ」
「そう……なんですか……?」
 エデンはやや(うたが)わしげに、イケメンだが眼光(がんこう)(するど)強面(コワモテ)印象(いんしょう)のあるアンバーの顔を見つめる。アンバーは不機嫌(ふきげん)そうにマイカをにらみつけた。
余計(よけい)なことを言うな。それより特訓(とっくん)の相手を俺に、と言ったが、そういうことは言いだしっぺのお前がやるべきではないのか?」
「……私の能力ではレトにとって相性(あいしょう)が良くないでしょうから」
「俺だって、適役(てきやく)とは言い(がた)いぞ」
 口では文句(もんく)を言いながらも、アンバーは背広(せびろ)()ぎ、(うで)まくりをして特訓の準備(じゅんび)らしきものを始めている。
「……まぁ、ろくに実践(じっせん)も無いまま本番では、エデン様の身に危険(きけん)(およ)びかねんからな。……では、僭越(せんえつ)ながら私がお相手をさせていただきます。私の能力は“植物(しょくぶつ)操作(そうさ)”。今回エデン様には私の()り出す攻撃(こうげき)()けていただき、私に一撃(いちげき)でも入れられたら特訓終了(しゅうりょう)、ということにいたしましょう」
 言うなりアンバーは(たか)へと姿を変え、くちばしを(ひら)いてピルルルルッと甲高(かんだか)い鳴き声を上げた。レトがハッとしてエデンの(かた)に手を()く。
「え……っ赤面汗、な、何……っ!?汗
「アンバー先輩(せんぱい)結界(けっかい)(ひら)きます。俺から(はな)れないでください」
 レトがいい終わるより早く、昨日(きのう)レトの結界に引き込まれた時と同じ、世界が(ゆが)み、回るような感覚(かんかく)がエデンを(おそ)う。エデンは思わず、すがりつくようにレトの服の(はし)をつかんだ。

クローバー

 

次のページへ進みます。
 
 
 
 
初回アップロード日:2016年10月21日 
 
 
 
ティアラ(装飾)

このページは津籠 睦月によるオリジナル・ファンタジー小説の本文ページです。
構成要素は恋愛(ラブコメ)・青春・魔法・アクションなどです。
個人の趣味によるネット小説(ネット・ノベル)のため、全章無料でお読みいただけますが、
著作権は放棄していませんので、無断転載等はおやめください。

ティアラ(装飾)
inserted by FC2 system