GUIDE(HELP)
 
 
 
魔法巫女エデン
 
 
 
 
 
デコレーションモードいちに

Episode4:From today on,あなたは My Friend

〜キョウ カラ、アナタ ハ ワタシ ノ ズットモ〜

 気がつくと、エデンは昨日と同じ結界の中にいた。
 昨日も見た、()てついた寒々しい荒野。だが、今日この結界の中に高梨桃姫(ピーチ)の姿は無い。そして……
「……もう気がついたのか。さすがだな」
「猫神先輩……」
 レトの姿は無いが、猫神がいつもの袴姿(はかますがた)(となり)にいてくれる。それだけでエデンはホッため息と緊張がほぐれるのを感じた。
「これは昨日の獣と同じヤツだな……。今日はお前のクラスメイトではなく、お前を直接(ねら)ってきたようだ。昨日のリベンジのつもりなのか、それとも……」
 猫神が難しい顔で考察を始めたその時、獣が威嚇(いかく)するように()えた。
 凍てついた風が巻き起こり、エデンたちの足元をさらに白く(こお)らせる。猫神はかばうようにエデンの前に出ると、叫んだ。
「エデン、変身だ!アイツをこのまま野放(のばな)しにしておくわけにはいかない!」
「ハイ!そうですよね。またピ……高梨さんみたいに、この学校の誰かが狙われたら困りますもんね」
 エデンは覚悟(かくご)を決め、大きく息を吸い込むと、高らかに変身呪文を(とな)えた。
キャラメル・キャラメラ・キャラメリゼ!」
 光が(はじ)、一瞬にしてエデンは魔法巫女装束(コスチューム)に身を包んでいた。空中に現れた杖を(うば)うようにつかんで(かま)え、エデンはもう片方の手を猫神へ向けて()ばす。
「猫神先輩、すみませんけど、また力を貸してもらえますか?」
 伸ばされた手を躊躇(ためら)うことなく(にぎ)り込み、猫神はうなずいた。
「ああ。いいだろう。だが昨日のようなしょぼくれた技にはするなよ。ちゃんとよく考えて、効果のありそうな攻撃をイメージするんだ」
 その言葉にエデンは「う……っ冷や汗と固まってしまう。
(効果のありそうな攻撃って……どんなのだろう?武器?鉄砲?……いっそのこと大砲とか?)
 エデンの脳裏(のうり)に昨日の猫神の攻撃が浮かぶ。
(大砲って英語で何て言ったっけ?キャノン?カノン?確かそんな感じだったかな……。キャノン……キャ……キャラメル……じゃ(やわ)らかくてダメそうだし……汗
 頭の中で「ああでもない、こうでもない」と想像をめぐらせているうちに、それまで律儀(りちぎ)に反撃を待っていた獣が()れたように再び吠えた。
 氷の(つぶ)(ふく)んだ風が(うず)を巻き、再び二人に(おそ)いかかってくる。
「早くしろ、エデン!悠長(ゆうちょう)に迷っているヒマは無いんだぞ!」
「えっと……えっとぉ……っ汗、ハイッ!行きますっ!汗
 正直まだ迷いはあったが、のん気に迷い続けていられる状況(じょうきょう)ではない。エデンはヤケクソのように杖を振り上げ、呪文を唱えた。
マスカット・キャンディ・キャノン!」
 杖を振り下ろすと同時に、エデンたちの正面に、シャインマスカットの粒のように綺麗な黄緑色に輝く球体が出現した。ボーリングの(たま)くらいの大きさのそれは、空中で一瞬だけ静止した後、大砲で発射されたかのような勢いで獣めがけて飛んでいく。
『ギャイン……ッ!!』
 直後響いた悲鳴に、エデンはビクリと肩を(ふる)わせた。
「あ……当たった……のかな?」
「そのようだな。エラいぞ、エデン。ちゃんと昨日よりはマシな技になったじゃないか。……なぜマスカット・キャンディなのかは理解に苦しむが」
 後半はエデンに聞こえないよう声を(ひそ)め、猫神は(ねぎら)うようにエデンの頭をポンと(たた)いた。
「でも……あのコ、痛そうに鳴いてた。大丈夫(だいじょうぶ)かな?」
「まだ契約してもいなければ(たお)してもいない“敵”に情けをかけるな。気を()けばこちらが危険だ」
 猫神の声は厳しく、エデンはシュンとしてしまった。
 猫神の言うことはもっともなのだが、それでもエデンは例の獣を案じるように目で探してしまう。
 獣はヨロヨロと立ち上がり、自分の近くに転がる砲弾(ほうだん)に近づいていった。
「え……?あれ……?あのコ、私の魔法(まほう)を食べてる?汗
 獣は少し(くだ)けた砲弾をぺちゃぺちゃ()めているようだった。
「……お前、キャンディ・キャノンというのは名前と形だけではなく、本当にアメでできているのか!?」
「え?何だと思ってたんですか?アメみたいな見た目をしてるだけの砲弾だと思ってたんですか?」
 エデンの答えに猫神はがくりと肩を落とす。
「お前には学習能力が無いのか!?食べられるものを具現化すれば獣の(かて)とされてしまう!前にマカロンやらマシュマロやらを食われたのを忘れたのか!?」
「えっと……冷や汗
(忘れたわけじゃないんだけど……獣を吹き飛ばせるくらいの強い魔法なら、食べられないと思ったんだもん)

 言い(わけ)をしたところで(しか)られるか(あき)れられるだけだろう――そう判断したエデンは言葉を(にご)した。
「ほら見ろ。獣の力が増してしまった」
 猫神の指差す先では、透明な獣を取り巻く氷の(つぶ)が明らかに大きくなり、まるでクリスタルガラスの飾りのようにきらきらキラキラきらきら輝いていた。
「えぇ……ど、どうしたら……汗
「とにかく攻撃だ!もう食い物にはするなよ!」
 猫神はそう言い手を差し出す。だが、エデンが次の攻撃を()り出すより早く、獣が()えた。
 獣の周りに浮いていたクリスタルのような氷の粒が勢いよく二人に(おそ)いかかってくる。
 猫神は舌打ちし、鈴の音とともにその手に鋼鉄の傘を出現させた。そのまま傘を前へ突き出し、くるくる回して飛んでくる氷の粒を(はじ)き返す。
「エデン!早く次の攻撃を!」
「ハ、ハイっ!汗
 エデンはあわてて猫神の手をつかむ。
(えっと、えっと……食べられたらマズいから……食べられる前に消えちゃうもの!)
 エデンは杖を()り上げ叫ぶ。
バブル・バード・ボム!」
 杖の先からフワッと無数のシャボン玉が飛び出した。それは空中で透明(とうめい)な鳥の姿に変わり、獣の方へと飛んでいく。そして獣の近くまで来ると、シャボン玉が弾けるようにパチンパチンと音を立て、七色の火花を散らした。
『キャイン、キャインッ!』
 獣は小犬のような悲鳴を上げるが……
「えっと……()いてる?」
ちょっとした電気にピリッビリビリピリッしたくらいのダメージしか受けていないようだな。魔法のイメージが弱過ぎたんだ」
「そんなぁ……冷や汗
 シャボンの鳥が全て消えると、獣は怒ったようなうなり声 を上げ、何か文句(もんく)でも行っているようにガウガウと吠えた。
「え……怒ってる……?」
「あんな(ばつ)ゲームのような魔法でおちょくられれば、それは怒りもするだろう」
「わざとじゃないのにぃ……冷や汗
 エデンは泣きそうになりながら次の魔法を考える。
「えっと……フラワー・ファルコン・ファイヤー!」
 杖の先から花びらが吹き出し、ハヤブサの形にまとまって真っ()ぐ獣に向かっていく。そのまま獣に激突し、花火のような色とりどりの炎を燃え上がらせるが……
『ガウガウ……ッ!
「また効いてない……っ汗
「見た目の美しさにこだわるからだ!ビジュアルより威力(いりょく)を重視しろ!」

<このページは現在制作中です。> 

次のページへ進みます。
 
 
 
 
初回アップロード日:2019年11月24日 
 
 
 
ティアラ(装飾)

このページは津籠 睦月によるオリジナル・ファンタジー小説の本文ページです。
構成要素は恋愛(ラブコメ)・青春・魔法・アクションなどです。
個人の趣味によるネット小説(ネット・ノベル)のため、全章無料でお読みいただけますが、
著作権は放棄していませんので、無断転載等はおやめください。

ティアラ(装飾)
inserted by FC2 system