GUIDE(HELP)
 
 
 
魔法巫女エデン
 
 
 
 
 
デコレーションモード

Episode4:From today on,あなたは My Friend

〜キョウ カラ、アナタ ハ ワタシ ノ ズットモ〜

 入学したての学校は、まだその景色にも(にお)いにも()れなくて、よその学校に足を踏み入れているようなドキドキが消えない。
 六年間も通い慣れた小学校とは何もかもが(ちが)い過ぎていて、今はまだ、ワクワクよりも不安の方が大きい。まして、あんな話を聞いてしまったのならなおさらだ。
(まさか、この学園が災厄の獣(カラミタス・ビースト)()まり場だなんて……。ママ、知ってて私にココを(すす)めてきたのかな?)
 今も、知らないうちに災厄の獣(カラミタス・ビースト)に目をつけられているかも知れない――そんなことを考えて、エデンはビクビクしながら校舎(こうしゃ)へ続く道を歩いていた。
「そんな風にずっと気を()ってたんじゃ、ムダに(つか)れるだけだ」
「ぅひゃあ……っ!?」
 ふいに声をかけられ、(おどろ)いて()り向くと、そこにはここ数日でだいぶ見慣(みな)れた黒髪(くろかみ)の美少年の姿があった。
猫神(ねこがみ)……先輩(せんぱい)……?来てたんですか?バスで会わなかったから、今日はお休みかと思ってました」
「……例の奴が校内をウロついていないか、皆が登校してくる前にチェックしていたからな。残念ながらシッポはつかめなかったが」
 当然のことのように言われ、今の今まで『校内をパトロールする』などという発想(はっそう)が全く無かったエデンはあわてる。
「す、すみませんっ!私、何も考えてなくて……。そういうの、必要なんですよね……?」
 だが猫神は(あき)れたようにため息をつく。
「お前のような初心者がウロついたところで意味は無い。お前、まだ災厄の獣(カラミタス・ビースト)の気配もよく分かっていないだろう?」
「え?あ……そうかも知れない……です」
 昨日ショッピングモールでクラスメイトに()いた災厄の獣の気配(けはい)これっぽっちも気づけなかったエデンは声を小さくする。
「……まぁ、経験を()めばイヤでも分かるようになるから気にするな。お前は念のため、例の女子生徒(せいと)をマークしておくことだ。一旦(いったん)気配が無くなったとは言え、再び(ねら)われる可能性もあるからな」
 言いたいことだけ言うと、猫神はエデンの返事も()たずに行ってしまった。
「あ……」
(また、()けなかった。猫神先輩が何者なのか……)
 なぜかエデンのことをよく分かっていて、落ち込みかけると、すぐにさりげなくフォローしてくれる。ずっと前から知っている気がするのに、思い出せない。彼の正体が、気になって気になって仕方(しかた)がなかった。
災厄の獣(カラミタス・ビースト)と戦っていったら、そのうち教えてくれるのかな。私、たぶんこれからもバトルし続けなきゃいけないんだろうし……)
 (おさな)(ころ)は変身して敵を(たお)すヒロインに(あこが)れていたと言うのに、いざ本当になってみると不安だらけだ。
 エデンはそんな不安な気持ちを()き出すように大きくため息をつくと、昇降口(しょうこうぐち)へと向かっていった。

 花ノ咲理学園(はなのさかりがくえん)は、まだ創立10年ほどの学校だ。中高一貫(ちゅうこういっかん)の私立校で、丘の上に建つ校舎はデザインも建物自体もエデンがこれまで通ってきた公立の小学校よりはるかに新しい。
 廊下(ろうか)も学校にはよくあるビニルシートに(おお)われた(ゆか)ではなく、ツヤツヤと明るく光る木の床だ。廊下と教室を(へだ)てる壁は透明(とうめい)な素材でできた部分が多く、開放感(かいほうかん)のある(つく)りになっていた。
 エデンは、まだ顔と名前を一致されるのがやっとのクラスメイトたちに「おはよう」のあいさつをしながら教室に入り、真っ()ぐにひとつの(つくえ)へと向かう。
「おはよう、高梨(たかなし)さん」
 ほんの少し緊張(きんちょう)しながら声をかけると、それまで手元の文庫本に視線を落としていた彼女がふっと顔を上げてエデンを見た。
「おはよう鈴木さん。昨日(きのう)はありがとう」
「え……!?」
 一瞬(いっしゅん)、昨日災厄の獣(カラミタス・ビースト)から助けたことを言っているのかと思い、エデンはあせる。
貧血(ひんけつ)(たお)れた時、鈴木さんの連れの人が助けてくれたって言ってた」
「あ、そのこと……」
 エデンはホッと胸を()でおろす。
(そうだよね。ピ……高梨さん、ずっと気絶してたもん。結界の中で起きたことを知ってるはずがないよね)
「もう体調は大丈夫(だいじょうぶ)なの?」
「大丈夫。一応病院にも行ったけど、何ともないって」
「そうなんだ。良かった」
 それきり、会話が途切(とぎ)れてしまう。
 こちらの質問には答えてくれるが、向こうからは話を()ってくれない。エデンは何とか会話を続けようとあせるが、何の話題を出せば良いのかサッパリ分からなかった。
(あいかわらず無口だなー……。どうやって仲良くなったらいいんだろう。例の災厄の獣のこともあるし、なるべく高梨さんのそばにいなきゃなのに……)
 ビミョウな沈黙(ちんもく)を引きつった笑顔で誤魔化(ごまか)していると、ふいに彼女がふっと時計を指差した。
「そろそろ時間。先生来るかも」
「えっ?もうそんな時間?あっ、じゃあ、また後で……」
 何が『また後で』なのかもよく分からないまま、そんな言葉で会話を切り上げ、エデンはあわてて自分の席へと(もど)る。何だかどっと(つか)れた気がした。
(どうしよう……。そもそも私、まだちゃんと“友達”作れてない……。このまま高梨さんとも仲良くなれなかったら、私の中学生活、どうなっちゃうんだろう……)

<このページは現在制作中です。> 

次のページへ進みます。
 
 
 
 
初回アップロード日:2019年11月24日 
 
 
 
ティアラ(装飾)

このページは津籠 睦月によるオリジナル・ファンタジー小説の本文ページです。
構成要素は恋愛(ラブコメ)・青春・魔法・アクションなどです。
個人の趣味によるネット小説(ネット・ノベル)のため、全章無料でお読みいただけますが、
著作権は放棄していませんので、無断転載等はおやめください。

ティアラ(装飾)
inserted by FC2 system